So-net無料ブログ作成

ベネッセ流出問題と個人情報保護法 [勧誘電話]

ベネッセの個人情報流出。
流出させた人や名簿屋はどうでもいいけど、その他当事者たちは大変でしょう。個人的には個人情報保護法のザル具合が注目されてよかったと思う。

個人情報保護法では、個人情報の開示や削除義務はあっても、入手ルートの開示は義務付けられていない。
私たちがいくらワンルームマンション投資会社に電話で文句を言ったところで、あまり効果がない。
正規の手続きをとって手数料を払って個人情報を開示させて削除や訂正をさせる必要がある。電話かけてくる会社全部にそんなことやってられない。

ベネッセしか知らない情報のはずなのにジャストシステムからその情報を元とした案内が来た。そしてそれが流出だということが判明し、今回は規模が大きかったので、問題になってくれた。
俺らもお前なんか知らないという会社から電話が来て迷惑だけど、個人でその入手ルートを暴くのはお金と時間がかかりすぎるので泣き寝入りするしかない。
たぶんというかほぼ確実に、幕張メッセや国際展示場で行われている展示会で収集された名刺を使っているのはわかるんだけどね。

以前、ほとんど使用していなかったyahooのメールアドレスを通販で使用したところ、日に何十件というダイレクトメールが来るようになったことがあります。
今まではyahooからの案内が月に数通届く程度だったので、明らかにメールアドレスが流出したんですが、きっとこういうのはよくあることなんだと思う。

名簿屋をなくすことは難しいかもしれないけど、せめて入手ルートも開示できるようにしてほしいもんです。

タイトルはそれっぽいのにあまりきれいにまとめられなかったので、ハバネロ。



DSC_0216.JPG



この一本以外はダメっぽい。悔しいので種をamazonから購入しました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。