So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

名誉毀損と業務妨害について [勧誘電話]

えー、過去に私宛に匿名でしつこい勧誘電話をよこしていた不動産投資会社から、ブログの記事を消さないと名誉毀損や業務妨害で訴えるという連絡が来ました。
お金をかけてホームページをリニューアルしているようなので、過去の悪行もこれを機にもみ消しているようです。

匿名に近い略称で悪質な電話勧誘をしてくる企業の正式名称を調べ、私が受けた電話の内容を記事にしています。
つまり略称で行っていた悪質なアポイントメントセールスが、社名を出されてしまったのでそれは業務妨害だということだそうです。

さて、ブログ記事への削除依頼内容があまりに稚拙だったので概要と突っ込みをいれます。
ソネットさん経由の連絡で、どうやらその内容を許可なく引用してはいけないようなので、概要となります。
なお、名誉毀損という言葉を使っていましたが、企業なので信用毀損が該当しますがそもそも信用毀損は「虚偽」の情報を流布することなので、
私の場合は事実なのでこれにはあたらないですよね。記事の信ぴょう性について追及するならまだしも・・・もうめちゃくちゃな主張です。

最初は、検索サイトで会社名を検索すると、このブログがヒットするので会社名を消すようにという依頼でした。
大変不本意ですが、極力関わりたくないので会社名を消しました。

すると、会社名の削除ではなく記事自体の削除をしてください。とのこと。
「弊社名で検索するとこのブログが上位にヒットするので迷惑してます。業務に影響が出ています。
神戸地裁99年6月23日判決のように賠償請求の対象になりまぁす!」という勢いでした。

その判決を見ると、特定の人しか閲覧できない掲示板のハンドルネームに対して、このハンドルネームはこいつだよと個人情報(住所氏名年齢職業等)を掲示板内で公開したもので、
私が公開している内容(企業名とどんな電話をかけてきたか)とは全く毛色が異なるものでした。

迷惑電話をしてきた不動産投資斡旋会社がソネットに対して私の個人情報開示請求をしているようでしたが、この判決見るとソネットさんはそう簡単に開示できなくね?と思うわけです。
墓穴を掘るとはこういうことです。

とはいえ気分が悪いので弁護士に相談してみたところ、たぶん大丈夫だけれどももしソネットが私の情報を開示し、
訴訟を起こされたら裁判で対応しないといけない、もしくは迷惑電話をかけてくる会社に個人情報を知られてしまうリスクもあると言われ、これまた不本意ながら記事は削除しました。
私がお金持ちで暇人なら全面闘争したかったです。

また、ソネットさん自体が内容をユーザに丸投げなので、会員情報を削除依頼者に公開してしまう危険性がありました。
「この内容はソネットのブログ規約に違反しないので削除もしないしユーザ情報も公開しない」と言ってくれればいいのに。
※過去にソネットは会員情報を公開してしまって訴えられているので私の場合ではそう簡単に公開されないだろうということですが。。。

で、どうやらその迷惑電話をかけてきた不動産投資斡旋会社(今は運用管理に移行してますが)は、他のブログや口コミサイトにも訴訟をちらつかせて削除を強要しているようです。

ここで、表現の自由と名誉毀損、営業妨害について私が調べたことをまとめておきます。
まず、迷惑不動産(面倒なのでこう呼びます)が主張する、名誉棄損、営業妨害についてですが、これは個人に対しての場合は事実でも当てはまります。
過去に犯罪を犯した人を街で見かけ皆の前で「あなた、昔犯罪犯した人だよね?!」とか「あいつ犯罪者だよ」などと周囲に言って回ったらこれは名誉毀損になります。
厳密には、その犯罪者が裁判を起こせば名誉毀損で賠償請求の対象になる可能性があるという言い方になります。

私が「〇〇という会社から嫌がらせの電話が来て迷惑だった」とインターネットで公開すると名誉毀損になる可能性があるかもしれませんが、
冒頭に書いた通り法人なので信用毀損、信用毀損はウソの場合なので名誉毀損は可能性は低いです。
なお、実際書いていた内容は、「〇〇と名乗る会社から執拗な勧誘電話が来ていたが、実際は△△という正式会社名で、今は××に社名変更している」というものでした。

それでも名誉が毀損される場合があるわけです。
さて、そんなこと言い出したら、悪い評判は書けないということか?となりますが、名誉毀損には特定条件に当てはまれば罰しないという条件があります。

・事実の公共性
・目的の公益性
・真実性の証明

最初に簡単なところで一番下、その事実が証明できるかどうかという「真実性の証明」があります。
ウソは当然ダメです。証明できるかどうかという点ですが、私は証明できるものがありますので大丈夫ですが、
勧誘電話の証拠ってなかなかないですよね?
でも、インターネット上で数々の同様の書き込みがある場合、判決で前例がありそれは真実性の証明になり得ます。
今はだいぶ消されてしまっていますが、私は念のため他のサイトのその悪徳企業に関する書き込みを印刷して保管してあります。(私を脅してきた業者だけですが)
もし、その迷惑不動産と正面切って戦うとか、訴えられて困っている人には力になれるかもしれませんね。

それなりに量もあり、内容も似たようなものなので、実際にこういう行為(匿名に近い略称でしつこい勧誘電話)をしていたという証明になります。

次に「事実の公共性」
この辺がなんか面倒なんですが、「公共の利害に関する事実」である必要があります。
「一般多数人の利害に関する事実」とも言い換えられ、たぶんそれを知ることにより他の人が助かるかどうかということです。
なお、一般個人に対しての名誉毀損は公共性を認められない場合が多いようですのでご注意を。
私のブログでは、悪質な勧誘電話をしてきた企業名の略称と、実際の会社名を紐づけました。
略称で電話を受けて迷惑している人が、インターネットで検索して私のブログにたどりつけば、実際の会社名を把握することができる。
そうすれば連絡先も把握でき、勧誘電話をやめるよう電話したりメールしたりすることができるので、事実の公共性はあると言えます。
さらに、私のブログの内容を参考にし、その企業に資産を任せようとする人の判断材料になる内容ですので、これまた事実の公共性はあると判断できます。
そもそも悪徳業者は判断材料としてマイナスになる事実だから削除を依頼してきたわけです。この時点で事実の公共性があると言えないでしょうか。

最後に「目的の公益性」
つまり、たぶんですが目的が個人の恨みではないということです。
私が記事を公開していた目的は、略称で勧誘電話をかけてくる企業の正式名称をマッチングさせることです。
マッチングの目的はしつこい勧誘電話をやめてもらうよう企業へ通達するためです。略称では連絡先もわかりませんからね。
他にも勧誘電話で困っている人がいればそれでマッチングできるということです。
公益性があると言えますよね。また前述とかぶりますが、資産を預けるに値する企業かどうかという判断材料にもなります。

この辺は「客観的に判断する必要がある」とのことです。
悪徳業者からの通知には「このブログの内容に公益性がないのは客観的にみても明らかです!」とあったのですが、
何をもって客観的に見たのか聞いてみたいですね。ブログ主(私)以外に全く意味のない内容であることを指摘できれば
客観的な判断と言えますが、その辺全く記載がなく、いきなり「客観的に見ても明らか」と言い出したのでニヤけてしまいました。
たぶん総務の女の子あたりがカナブンに言われてネットで勉強して単語を使っただけでしょうね。。
(注:カナブンというのはごくごく一部の人にしかわからないと思いますので流してください)

ということで、私の場合は名誉毀損だとしても罰則はないということとなりますが、万が一迷惑不動産が破れかぶれになって業務妨害などで訴訟を起こしたら相手しないといけません。
その時間や手間、費用は私にとって何のメリットもないので、相手の要求どおりの対応をしました。
弁護士さんが言うには、もし訴えられて私がちゃんと相手をすると、迷惑不動産は負ける可能性が高い。すると迷惑なアポイントメントセールををしていて、
その事が書かれたネット上の情報を業務妨害と称して消すよう脅していたということが裁判所のお墨付きになるので、そこまではしないでしょうとのこと。
そして負ける可能性が高い訴訟の依頼を受けるまともな弁護士もいないでしょうとのことでした。

今回の言いがかりで、要求通りに記事を削除した理由のもう一つは、「プロバイダによる個人情報の開示」があります。
迷惑不動産は私の個人情報を入手していないので、プロバイダのソネットさん経由で私に記事の削除依頼をしてきました。
実のところは最初訂正依頼だったので言われた通り訂正したら、いつの間にか記事自体の削除に置き換わり、若干ソネットさんへも不満があります。
最初、なんか私が悪いような言い方をしてくるので、なんか迷惑かけちゃったかなと思ってたんですが、
ここで長々と書いた通り、こっちは悪くないし、質問にはまともに答えてくれないしで結構不信感が募り、これって俺の個人情報開示しちゃうんじゃない?と感じました。
まあいきなり開示は無くて、配達証明が来て反論するかどうかとか開示していいかどうかとか聞かれるんだけどね。
※ソネットさんの担当は持ち回りのようで、不信感を募らせる対応をされるかたは二名中一名だけで、もう一人の方は丁寧でしっかりされてました。。と補足。

まとめた内容を書き足したり修正したりしていたらだいぶ長くなりました。
もうちょっと書きたいことがあるんですが、全体のまとまりを見るとこのくらいにしておきます。

この記事をアップしたきっかけは、最近実現しつつある「匿名による誹謗中傷への裁判で個人に賠償責任が発生している」ことです。
訴えた側として高須医院長やプロ野球選手の奥さんなどが有名ですが、それを見て悪徳不動産業者やカナブンとかが「ほらみろ!」とか言い出してるんじゃないかと思ったので反論です。
彼らは本当に「匿名で誹謗中傷している人を探し当てた」わけです。
カナブンの会社は「匿名(略称)での迷惑行為を匿名の私に公開された」のです。
つまり、どちらかというと高須医院長や野球選手の奥さんに訴えられた側に近いのではないでしょうか。

ただ、最近悪質な勧誘電話は少なくなってきました。
私も小銭が貯まる年齢になってきたので、彼らの本性をしらなかったら「老後の年金対策のために投資を」なんて電話がかかってきたら乗っかってしまっていたかもしれません。
家賃保証も微妙な条件つき、売り込んできた営業マンはすぐ退職、事務職員は法律のことも詳しくないし感情的・・・。
都合の悪い相手には言いがかりをつけて脅し文句を言ってくる。

契約までは良い顔してても、その後自社に都合の悪い相手(オーナー)と思われたら手のひら返しですよ。怖いもんです。
みなさん気を付けましょう。

nice!(1)  コメント(0) 

カテゴリ「勧誘電話」内の記事について [はじめに]

どこかに書いたと思うのですが、念のため再度このブログの特定記事に対して目的を書いておきます。

このブログで勧誘電話について触れているのは、迷惑でしつこい勧誘電話に悩む人の役に立ちたいという目的です。

私が行なって効果があった対処方法は、電話をかけてきた担当者ではなく、会社の代表電話に勧誘電話をやめてもらうよう直接連絡することです。

とはいえ、電話勧誘(テレアポ)では略称で正式会社名を名乗らないケースがあります。聞いても教えてくれないこともありました。
社名を変更することもあります。

よって、私が実際に受けた電話内容と略称、判明した正式会社名を判別できるような表記を記事内でしております。
迷惑な電話を受けたと感じた方が、聞き取った略称をインターネットで検索し、このブログにたどり着いて正式会社名がわかれば、ホームページなどで自分で代表番号を調べ、対策をとることができます。

誹謗中傷の目的ではないし、そのような内容でもないと思ってます。
nice!(1)  コメント(0) 

更新をしておく [雑記]

facebookを始め、仕組みがわかってきたあたりからブログの更新をしなくなってしまいました。
こういう匿名ブログ的な楽しみはないけど、手軽で面白い。

こないだのハイキングコース
161016.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

謎のアクセス急上昇 [勧誘電話]

一時期は毎日3桁を超える訪問者がいらっしゃり、企業名で検索すると上位にヒットしてしまうサイトになりました。
正式な企業名を名乗らずに不特定多数の人へ不快な電話をかけていた企業と、電話を受けて気分を害された人、しつこく電話をかけられて困っている人をマッチングさせたわけですから、それなりに効果があったと思います。

最近はテレアポに関する記事も書いていませんし、一般の記事もほとんど書いていません。(一般の記事を書くようになってからアクセスが減ったんですが・・・)
このブログに掲載されていた企業も、投資斡旋から賃貸管理メインにシフトしたり、活動しているのかどうかわからない状態になってたり、ニュースに出たりとかして役目も終わりかなと思うくらいアクセス数が減っていたこのブログです。

そんな中、とある企業名での検索数が異常に上がっていることに気が付きました。
アクセス解析を見ればいろいろ情報がわかるんですが、その企業がテレアポを一斉に開始した場合などによく見られる傾向です。
でも、今回の数値はちょっと違う。内訳は伏せますが機械的にやってますね。

これってもしかして・・・SEO対策の亜種で、わざと検索上位にヒットするようにしてまた「業務に支障が出ている」とか言って削除依頼を出すつもりなんでしょうか。
こちらもなんか対策あるかなぁ。
いや、何度か書いたと思うけど、こちらがわかる形で事実を認めて謝ってくれればかなり前向きに表示させない方法を検討するんだけどなぁ。
過去の失礼な電話営業を認めて謝罪して今はそんなことが無いよう教育を徹底しているなんて文面出したら評価上がると思うよ。


nice!(0)  コメント(0) 

色々ありました [雑記]

この1年間を振り返ってみると、今までダラダラと過ごしていた自分には珍しいくらい色々なイベントがありました。

・ついにガラケーからスマホへ機種変更
・自宅購入を決意 → 中古戸建購入
・同窓会参加で100名近い友人と20年ぶりに会う
・実名でインターネットは絶対しないと誓っていたのにFaceBook開始
・フィットネスクラブに通い始める
・奨学金完済

奨学金は時期が決まっていたのと家購入は置いといて、その他は活動的な人からみれば大したことないネタばかりですが、私にとっては年一回レベルのイベントばかりです。死んでしまうのかと不安になるくらいです。

ちなみにフィットネスクラブは懲りずにグルーポンを利用しました。今回は当たりです。5480円で3か月間タオル付で施設使い放題。さらに500円引き券を使ったので4980円。
インストラクターに作成してもらった筋トレと有酸素運動をこなして、そのあとプールで泳いだりウォーキングしたりジャグジーに入ったりして、最後にお風呂入ってサウナ。
平日はさすがに靴やジャージを持ち歩けないので、海パンと帽子だけカバンに忍ばせて夜プール&サウナ。既に10日間で5回行ってます。

効果は夜ぐっすり眠れるくらいしかまだわかりませんが、運動量の上昇に伴い、食事量も増えているので、筋肉ががっつりついている印象があります。だから体重は微増です。典型的なゴリラ体系なので筋肉率が65%で奇形レベル。一般が32.5%らしいのでぴったり倍。タニタの体組織系だからそこそこ正確でしょう。これが頻繁に筋トレしてるわけですからすごいでしょうね。

3カ月以内にどれだけ体が変わるか実験します。期間が決まっているのでマジメに頑張るよー。
nice!(2)  コメント(0) 

ひとつ終わり [雑記]

標準より下の経済状況の家庭でしたので、奨学金を借りて大学に通いました。
借りるのは月々4.4万円、年間で52.8万円。

学費は1年生の時で前期が27万円、後期が46万円で、別途教育充実費とかいう意味不明なのが17万。
普段のお小遣いとかを考えるとそれなりにアルバイトを頑張った記憶があります。
そのアルバイトが家を購入してDIYに役立ってます。

さて、ついにその奨学金の返済が終わります。
今は名称が変わってしまいましたが、日本育英会という有名どころの奨学金を借りてまして、学校を卒業した年の10月末から返済が開始します。

月々4.4万円を48か月借りたものを1.1万円ずつ192か月、16年かけて返します。計算すればわかりますが私の場合は無利息です。
返済し始めの頃は、200万円という金額がものすごい大金と感じてました。
いや大金なんだけど、500円玉貯金で50万円とかやってしまうと、少しだけ感覚が麻痺する。

そして金額よりもなによりも16年という歳月。
奨学金を完済するころには40歳手前だから結婚してるだろーなー、子供もいるだろうなー、家はマンションかなー賃貸かなーなんて考えてましたが全くそのようなことはありませんでした。
かろうじて家は購入したものの、結婚とか子供とかは全くその兆候はなく、今の時点で無いということはこれから先も無い可能性が高いんです。

また、奨学金を借りるにあたり、親戚のおじさんに保証人になってもらっているので、かなり気を使いました。
毎月1.1万円とはいえ、放蕩時代はカードの引き落としなどでふと気が付くと引き落とせていなかったりして、青くなることもしばしば。
給料日前に口座のお金を全部おろしたら、会社の給料が遅配して引き落とせなかったこともあります。
そんな奨学金も無事終わります。
でも住宅ローンを組んでしまっているので、結局借金を背負いながら一人で生きていくおれ。

借りたもんを返しただけなので誰も褒めてはくれないけど、お疲れ様俺。

nice!(0)  コメント(0) 

チョコレート [雑記]

チョコレートで思い出すのは、幼少時代の嬉しいご褒美でもなく、青春時代のバレンタインデーでもない。
ドロンズというお笑いコンビが、電波少年というテレビ番組で大陸横断か縦断をしてるときにスペイン語で作ったネタだ。

チョコレートを含むわずか数個のスペイン語の単語のみで一応コントとして成立するネタを即興で作り出したことが衝撃的でした。

まあそんな私は、自らチョコレートを買うことなんて滅多にないのですが、ローソンでまたまたリラックマフェアがあり、明治のチョコレート菓子を五個買うともらえるランチョンマット欲しさに大人買いしました。

そのなかで同じ商品なのにこの違い。
原料価格の高騰で量を減らす商品があるとニュースで聞いたけど、その切り替わりに立ち会うことになりました。







nice!(0)  コメント(0) 

心霊 [写真]




すごく、すごく良く撮れたと思うのですが右下に写りこみやがった不吉な首なし男。
まったく。。
彼は同僚の「更衣室の窓開いてる!!」という言葉に反応してデンプシーロールの動きで視界に入ってきました。
結局開いてたのは男子更衣室だけです。

サムネイルだけならわからないかな。


nice!(0) 

ベネッセ流出問題と個人情報保護法 [勧誘電話]

ベネッセの個人情報流出。
流出させた人や名簿屋はどうでもいいけど、その他当事者たちは大変でしょう。個人的には個人情報保護法のザル具合が注目されてよかったと思う。

個人情報保護法では、個人情報の開示や削除義務はあっても、入手ルートの開示は義務付けられていない。
私たちがいくらワンルームマンション投資会社に電話で文句を言ったところで、あまり効果がない。
正規の手続きをとって手数料を払って個人情報を開示させて削除や訂正をさせる必要がある。電話かけてくる会社全部にそんなことやってられない。

ベネッセしか知らない情報のはずなのにジャストシステムからその情報を元とした案内が来た。そしてそれが流出だということが判明し、今回は規模が大きかったので、問題になってくれた。
俺らもお前なんか知らないという会社から電話が来て迷惑だけど、個人でその入手ルートを暴くのはお金と時間がかかりすぎるので泣き寝入りするしかない。
たぶんというかほぼ確実に、幕張メッセや国際展示場で行われている展示会で収集された名刺を使っているのはわかるんだけどね。

以前、ほとんど使用していなかったyahooのメールアドレスを通販で使用したところ、日に何十件というダイレクトメールが来るようになったことがあります。
今まではyahooからの案内が月に数通届く程度だったので、明らかにメールアドレスが流出したんですが、きっとこういうのはよくあることなんだと思う。

名簿屋をなくすことは難しいかもしれないけど、せめて入手ルートも開示できるようにしてほしいもんです。

タイトルはそれっぽいのにあまりきれいにまとめられなかったので、ハバネロ。



DSC_0216.JPG



この一本以外はダメっぽい。悔しいので種をamazonから購入しました。


nice!(0)  コメント(0) 

テレアポ:環境ステーション(ケーエスティー、KST、ケーエスイー) [勧誘電話]

個人的な恨みはないのですが、会社に来る勧誘電話でひとつ判明した。
環境ステーションさんはこのブログの初期に名前だけ登場してたけど、私宛てにかかってきた記憶も記事もないです。

記事が削除されてるとか、コメントに書いてあっただけかもしれません。
ちなみにコメント欄の内容で記事が削除されてしまうこともあるので、過去にいただいたコメントはすべて削除し、コメントは承認制にしてあります。

さて今回の電話、最終的には環境ステーションということがわかったのですが、第一声は


「ケーエスイーです」と聞こえました。環境ステーションという会社名なのにケーエスイー。

だいぶ古い名簿のようで、違う部署の人宛てです。
所在を確かめるのも面倒なので、席をはずしていると伝えたら、何時に戻るのかと聞いてくる。

すぐ戻るはずなのでこちらから折り返すというと、このあと会議に入ってしまうので後日また電話してくれるそうな。会議直前までテレアポとは大変です。

軽い疑問ですが、すぐ席に戻るのになんで後日改めてになるんだろう。そしてなんで席に戻る時間を聞いたんだろう。万が一取引先である可能性も踏まえないといけないので、その辺は聞けなかった。
名簿の精査といったところか。
これで今回の宛先の人はまだ会社にいるということがわかる。電話番号もこれで通じるということがわかる。
つまりこの名簿は有効だと。

そしてこの電話、番号が通知されてました。
早速インターネットで検索してみると、「環境ステーション」。
ということは略称はKankyo StaTion・・・「ケーエスティー」ってことか。

もしかして、だいぶ昔に「エルエスイー」と聞こえて散々探したけどわからなかったワンルームマンション投資斡旋会社がありました。これがケーエスイー(環境ステーション)だったのかもしれない。

私の中では、会社名を略して電話かけてくるのは信用ならない会社です。
ちゃんと名乗ると都合が悪いんだと思う。
スカイコートのテレアポさんが「皆様に親しみを込めて呼んでもらうためにエスケーワイと名乗ってます」とかおっしゃってたけど、自分で言うな。
号泣県議の野々村竜太郎氏が自分でののちゃん議員と言ってるみたいなもんか。

湘南爆走族という漫画でも「僕の名前?じゅんいちっていうんだ。J(ジェイ)って呼んでよ。JunichiのJ」とナンパするキモ男くんを登場させてバカにしてたのを思い出した。
ジェイ君は最初ちゃんと名乗ってる上で愛称を言うからまだよい。

貶めるのはこのくらいにして、「略称でテレアポされて断りの連絡するにも相手がどこの誰だかわからない」という人のために略称と会社名を記載する本来のこのブログの主旨に基づいた内容でした。


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。