So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

死人に口なし [雑記]

嘘で塗り固めた削除依頼があり、ワンルームマンションの投資斡旋会社と従業員はやっぱ関わらない方がいいと再認識しました。
すごい失敗をしないと大損はしないと思うので詐欺とは違いますが、関わってはいけない会社と人だと思います。
こう書くと、すべてのワンルームマンション投資斡旋会社やその系列のマンション管理会社が対象になってしまいますが、
固有の名前を出すとまた言いがかりをつけられます。
特にカナブンとこはひどい。あまりに稚拙でネタ満載なのでそのうち書きます。

さて、ここ十年くらいでインターネットの発展がものすごく、以前は自分の情報をネットで発信するには環境と時間と技術を必要とし、ごく限られた存在でした。
「よかったら僕のほむぱげに遊びに遊びにこない?テレホタイムはだいたいチャットルームにいるし、個室チャットもあるかは恥ずかしければ二人だけでも話せるよ」
みたいなナンパをして実は相手もネカマだったりするんですが、それでも誘った相手がいつ入室するのか今か今かと待ち続けたりしたものです。
ちなみに私は掲示板やチャットルームを持つようなテクニックはなかったので、男女見分けのつきにくいハンドルネームでチャットルームに入室し、
女性が来るのをアリジゴクのように待ち続ける電子の武者達をからかってました。

最近はいつでもどこでも自分の情報を発信でき、自死に至る経緯や決意をSNSで発信する人までいます。
1年後の最終日までカウントダウンしながら・・・とかなかなかのかまってちゃんです。

そういう人達のブログを見ていて一つの共通点を見つけました。
基本的に仕事や金銭、容姿に強い劣等感を持っている人が多いわけでそれを「共通点見つけた!」というつもりはありません。
差が出やすい上に比較しやすく、自慢も卑下もしやすいものなので当然ちゃ当然です。
ま、ほとんどの人が何かしらのコンプレックスは持っているだろうし。

で、やはりそういう人達(自死に至る理由や決意をネット発信して本当に実行する人達)は、それなりに不幸な境遇でそれを自覚しているんですが、
何とかして自分より劣った人を見つけようとするんです。
頑張って探すというものではなく、出会った人や見かけた人を潜在的に「自分より劣っているか?」という判断をするんです。
ちなみにそういう人たちのブログを読んだり、そういう人に近い知人と会話したりして気が付いたものなので、あくまで推測の域を出ません。

とある自死前に旅行に行った人は、観光地で疲れている高齢者を冷笑し、別の自死者はスーパー銭湯で見かけたおじさんの体型に呆れ、
さらに別に自死予告者はゲーム好きな人に対して見下す内容をブログに書く。
無職ひきこもり40歳の知人も、大晦日の24時間営業ディスカウントショップでレジ打ちする見知らぬアルバイトの人がどれだけみじめかという話を1時間語ってました。

だいたいそういう人たち自身も、学歴が低いせいでまともな職につけず、容姿もいまいちなので女性と仲良くもなれずいい年こいて未経験・・・みたいな事を自己紹介しています。
自分はみじめだ周囲は羨ましい。でも「あのおじさんあんな腹出ててよく生きていけるなwああはなりなくない」みたいな感じなんです。
そしてそのおじさんはお金持ってたり結婚してたりする。そうするとさらに周囲への羨望が強くなり、自分は悪くないのに(おじさんほど腹でてないのに)彼女ができない。
これは親が悪い、学校の教師が悪い、あの同級生が悪い、政治が悪い、日本が悪い。改善の余地がない。
だいたいそういう感じなんですね。
中には「自分が悪いですよ。だから自死を選ぶんですよ」みたいな主張ありますので一概には言えませんが。

で、共通点ですが、自分があまり良い状況にいないけどプライドが高いんです。相手を見下そうとするんです。これに尽きます。
普通にバカにするだけならたまにいる嫌な奴で終わるんですが、視界に入る人を対象に自分より劣るポイントを潜在的に探してしまう。
でも小さなポイントでしか見えず、自分より優位な点も見つけてしまうと周囲への羨望が絶望に変わる。
その絶望が毎日何回も続くので、最終的に自死を思い立ってしまうんでしょうな。
もう一つの共通点としては一発逆転を狙いすぎなんですね。
「何か資格を取って一発逆転」「かわいい彼女をゲットして一発逆転」「FXで・・(略)」
この辺は今回の趣旨と少し違ってくるので略。

なんでこんな話をしたかというと、以前ここのブログに新旧の会社名を記載していたワンルームマンション投資斡旋会社(今は買わせた部屋を手間賃とって管理する会社)から
ものすごい稚拙な文章が届いたんです。
「へ?プロバイダ経由で来てる連絡だからいたずらじゃないよね?」というレベルです。
まともに相手することを考えるだけでぐったりするような知的レベルの内容で、その時私に相手の担当者を心の底から見下す気持ちが芽生えました。
嫌がらせまがいの電話を何度もかけてきて、それを注意喚起するブログを書いたらこの主張か・・・と。

で、人を見下すのはよくないと自分で常日頃思っていたのに、出てしまったということで「見下させる側にも責任がある」ということで書きました(笑)

ちなみに私はどちらかというと見下される側の人間です。
バカそうな風貌なんでしょうね。
普通レベルの高校に合格した時の同級生の顔は今でも覚えています。
大学進学時なんかイタ電や「あいつがあの大学に行けるわけない」という投書が学校にあったりしましたからね。
既に大学生だった親戚は退学して予備校に通ってランク高い大学に入りなおさせられてました。

よっぽどバカにされてたんだなぁという悲しさの反面、若干の爽快感があったのは否定しません。
これは社会人になっても続きます。
まあ、気分は悪いですが総合すると見下される側でよかったのかもしれないとは思ってます。
少しずつそれを払しょくして周囲との関係を構築し、いつの間にか良好な関係が出来上がっていたときは嬉しいものです。
・・・容姿はもう少しまともだったらなと思いますが。

nice!(0)  コメント(0) 

カテゴリ「勧誘電話」内の記事について [はじめに]

どこかに書いたと思うのですが、念のため再度このブログの特定記事に対して目的を書いておきます。

このブログで勧誘電話について触れているのは、迷惑でしつこい勧誘電話に悩む人の役に立ちたいという目的です。

私が行なって効果があった対処方法は、電話をかけてきた担当者ではなく、会社の代表電話に勧誘電話をやめてもらうよう直接連絡することです。

とはいえ、電話勧誘(テレアポ)では略称で正式会社名を名乗らないケースがあります。聞いても教えてくれないこともありました。
社名を変更することもあります。

よって、私が実際に受けた電話内容と略称、判明した正式会社名を判別できるような表記を記事内でしております。
迷惑な電話を受けたと感じた方が、聞き取った略称をインターネットで検索し、このブログにたどり着いて正式会社名がわかれば、ホームページなどで自分で代表番号を調べ、対策をとることができます。

誹謗中傷の目的ではないし、そのような内容でもないと思ってます。
nice!(1)  コメント(0) 

更新をしておく [雑記]

facebookを始め、仕組みがわかってきたあたりからブログの更新をしなくなってしまいました。
こういう匿名ブログ的な楽しみはないけど、手軽で面白い。

こないだのハイキングコース
161016.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

謎のアクセス急上昇 [勧誘電話]

一時期は毎日3桁を超える訪問者がいらっしゃり、企業名で検索すると上位にヒットしてしまうサイトになりました。
正式な企業名を名乗らずに不特定多数の人へ不快な電話をかけていた企業と、電話を受けて気分を害された人、しつこく電話をかけられて困っている人をマッチングさせたわけですから、それなりに効果があったと思います。

最近はテレアポに関する記事も書いていませんし、一般の記事もほとんど書いていません。(一般の記事を書くようになってからアクセスが減ったんですが・・・)
このブログに掲載されていた企業も、投資斡旋から賃貸管理メインにシフトしたり、活動しているのかどうかわからない状態になってたり、ニュースに出たりとかして役目も終わりかなと思うくらいアクセス数が減っていたこのブログです。

そんな中、とある企業名での検索数が異常に上がっていることに気が付きました。
アクセス解析を見ればいろいろ情報がわかるんですが、その企業がテレアポを一斉に開始した場合などによく見られる傾向です。
でも、今回の数値はちょっと違う。内訳は伏せますが機械的にやってますね。

これってもしかして・・・SEO対策の亜種で、わざと検索上位にヒットするようにしてまた「業務に支障が出ている」とか言って削除依頼を出すつもりなんでしょうか。
こちらもなんか対策あるかなぁ。
いや、何度か書いたと思うけど、こちらがわかる形で事実を認めて謝ってくれればかなり前向きに表示させない方法を検討するんだけどなぁ。
過去の失礼な電話営業を認めて謝罪して今はそんなことが無いよう教育を徹底しているなんて文面出したら評価上がると思うよ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

色々ありました [雑記]

この1年間を振り返ってみると、今までダラダラと過ごしていた自分には珍しいくらい色々なイベントがありました。

・ついにガラケーからスマホへ機種変更
・自宅購入を決意 → 中古戸建購入
・同窓会参加で100名近い友人と20年ぶりに会う
・実名でインターネットは絶対しないと誓っていたのにFaceBook開始
・フィットネスクラブに通い始める
・奨学金完済

奨学金は時期が決まっていたのと家購入は置いといて、その他は活動的な人からみれば大したことないネタばかりですが、私にとっては年一回レベルのイベントばかりです。死んでしまうのかと不安になるくらいです。

ちなみにフィットネスクラブは懲りずにグルーポンを利用しました。今回は当たりです。5480円で3か月間タオル付で施設使い放題。さらに500円引き券を使ったので4980円。
インストラクターに作成してもらった筋トレと有酸素運動をこなして、そのあとプールで泳いだりウォーキングしたりジャグジーに入ったりして、最後にお風呂入ってサウナ。
平日はさすがに靴やジャージを持ち歩けないので、海パンと帽子だけカバンに忍ばせて夜プール&サウナ。既に10日間で5回行ってます。

効果は夜ぐっすり眠れるくらいしかまだわかりませんが、運動量の上昇に伴い、食事量も増えているので、筋肉ががっつりついている印象があります。だから体重は微増です。典型的なゴリラ体系なので筋肉率が65%で奇形レベル。一般が32.5%らしいのでぴったり倍。タニタの体組織系だからそこそこ正確でしょう。これが頻繁に筋トレしてるわけですからすごいでしょうね。

3カ月以内にどれだけ体が変わるか実験します。期間が決まっているのでマジメに頑張るよー。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

ひとつ終わり [雑記]

標準より下の経済状況の家庭でしたので、奨学金を借りて大学に通いました。
借りるのは月々4.4万円、年間で52.8万円。

学費は1年生の時で前期が27万円、後期が46万円で、別途教育充実費とかいう意味不明なのが17万。
普段のお小遣いとかを考えるとそれなりにアルバイトを頑張った記憶があります。
そのアルバイトが家を購入してDIYに役立ってます。

さて、ついにその奨学金の返済が終わります。
今は名称が変わってしまいましたが、日本育英会という有名どころの奨学金を借りてまして、学校を卒業した年の10月末から返済が開始します。

月々4.4万円を48か月借りたものを1.1万円ずつ192か月、16年かけて返します。計算すればわかりますが私の場合は無利息です。
返済し始めの頃は、200万円という金額がものすごい大金と感じてました。
いや大金なんだけど、500円玉貯金で50万円とかやってしまうと、少しだけ感覚が麻痺する。

そして金額よりもなによりも16年という歳月。
奨学金を完済するころには40歳手前だから結婚してるだろーなー、子供もいるだろうなー、家はマンションかなー賃貸かなーなんて考えてましたが全くそのようなことはありませんでした。
かろうじて家は購入したものの、結婚とか子供とかは全くその兆候はなく、今の時点で無いということはこれから先も無い可能性が高いんです。

また、奨学金を借りるにあたり、親戚のおじさんに保証人になってもらっているので、かなり気を使いました。
毎月1.1万円とはいえ、放蕩時代はカードの引き落としなどでふと気が付くと引き落とせていなかったりして、青くなることもしばしば。
給料日前に口座のお金を全部おろしたら、会社の給料が遅配して引き落とせなかったこともあります。
そんな奨学金も無事終わります。
でも住宅ローンを組んでしまっているので、結局借金を背負いながら一人で生きていくおれ。

借りたもんを返しただけなので誰も褒めてはくれないけど、お疲れ様俺。

nice!(0)  コメント(0) 

チョコレート [雑記]

チョコレートで思い出すのは、幼少時代の嬉しいご褒美でもなく、青春時代のバレンタインデーでもない。
ドロンズというお笑いコンビが、電波少年というテレビ番組で大陸横断か縦断をしてるときにスペイン語で作ったネタだ。

チョコレートを含むわずか数個のスペイン語の単語のみで一応コントとして成立するネタを即興で作り出したことが衝撃的でした。

まあそんな私は、自らチョコレートを買うことなんて滅多にないのですが、ローソンでまたまたリラックマフェアがあり、明治のチョコレート菓子を五個買うともらえるランチョンマット欲しさに大人買いしました。

そのなかで同じ商品なのにこの違い。
原料価格の高騰で量を減らす商品があるとニュースで聞いたけど、その切り替わりに立ち会うことになりました。







nice!(0)  コメント(0) 

心霊 [写真]




すごく、すごく良く撮れたと思うのですが右下に写りこみやがった不吉な首なし男。
まったく。。
彼は同僚の「更衣室の窓開いてる!!」という言葉に反応してデンプシーロールの動きで視界に入ってきました。
結局開いてたのは男子更衣室だけです。

サムネイルだけならわからないかな。


nice!(0) 

ベネッセ流出問題と個人情報保護法 [勧誘電話]

ベネッセの個人情報流出。
流出させた人や名簿屋はどうでもいいけど、その他当事者たちは大変でしょう。個人的には個人情報保護法のザル具合が注目されてよかったと思う。

個人情報保護法では、個人情報の開示や削除義務はあっても、入手ルートの開示は義務付けられていない。
私たちがいくらワンルームマンション投資会社に電話で文句を言ったところで、あまり効果がない。
正規の手続きをとって手数料を払って個人情報を開示させて削除や訂正をさせる必要がある。電話かけてくる会社全部にそんなことやってられない。

ベネッセしか知らない情報のはずなのにジャストシステムからその情報を元とした案内が来た。そしてそれが流出だということが判明し、今回は規模が大きかったので、問題になってくれた。
俺らもお前なんか知らないという会社から電話が来て迷惑だけど、個人でその入手ルートを暴くのはお金と時間がかかりすぎるので泣き寝入りするしかない。
たぶんというかほぼ確実に、幕張メッセや国際展示場で行われている展示会で収集された名刺を使っているのはわかるんだけどね。

以前、ほとんど使用していなかったyahooのメールアドレスを通販で使用したところ、日に何十件というダイレクトメールが来るようになったことがあります。
今まではyahooからの案内が月に数通届く程度だったので、明らかにメールアドレスが流出したんですが、きっとこういうのはよくあることなんだと思う。

名簿屋をなくすことは難しいかもしれないけど、せめて入手ルートも開示できるようにしてほしいもんです。

タイトルはそれっぽいのにあまりきれいにまとめられなかったので、ハバネロ。



DSC_0216.JPG



この一本以外はダメっぽい。悔しいので種をamazonから購入しました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

テレアポ:環境ステーション(ケーエスティー、KST、ケーエスイー) [勧誘電話]

個人的な恨みはないのですが、会社に来る勧誘電話でひとつ判明した。
環境ステーションさんはこのブログの初期に名前だけ登場してたけど、私宛てにかかってきた記憶も記事もないです。

記事が削除されてるとか、コメントに書いてあっただけかもしれません。
ちなみにコメント欄の内容で記事が削除されてしまうこともあるので、過去にいただいたコメントはすべて削除し、コメントは承認制にしてあります。

さて今回の電話、最終的には環境ステーションということがわかったのですが、第一声は


「ケーエスイーです」と聞こえました。環境ステーションという会社名なのにケーエスイー。

だいぶ古い名簿のようで、違う部署の人宛てです。
所在を確かめるのも面倒なので、席をはずしていると伝えたら、何時に戻るのかと聞いてくる。

すぐ戻るはずなのでこちらから折り返すというと、このあと会議に入ってしまうので後日また電話してくれるそうな。会議直前までテレアポとは大変です。

軽い疑問ですが、すぐ席に戻るのになんで後日改めてになるんだろう。そしてなんで席に戻る時間を聞いたんだろう。万が一取引先である可能性も踏まえないといけないので、その辺は聞けなかった。
名簿の精査といったところか。
これで今回の宛先の人はまだ会社にいるということがわかる。電話番号もこれで通じるということがわかる。
つまりこの名簿は有効だと。

そしてこの電話、番号が通知されてました。
早速インターネットで検索してみると、「環境ステーション」。
ということは略称はKankyo StaTion・・・「ケーエスティー」ってことか。

もしかして、だいぶ昔に「エルエスイー」と聞こえて散々探したけどわからなかったワンルームマンション投資斡旋会社がありました。これがケーエスイー(環境ステーション)だったのかもしれない。

私の中では、会社名を略して電話かけてくるのは信用ならない会社です。
ちゃんと名乗ると都合が悪いんだと思う。
スカイコートのテレアポさんが「皆様に親しみを込めて呼んでもらうためにエスケーワイと名乗ってます」とかおっしゃってたけど、自分で言うな。
号泣県議の野々村竜太郎氏が自分でののちゃん議員と言ってるみたいなもんか。

湘南爆走族という漫画でも「僕の名前?じゅんいちっていうんだ。J(ジェイ)って呼んでよ。JunichiのJ」とナンパするキモ男くんを登場させてバカにしてたのを思い出した。
ジェイ君は最初ちゃんと名乗ってる上で愛称を言うからまだよい。

貶めるのはこのくらいにして、「略称でテレアポされて断りの連絡するにも相手がどこの誰だかわからない」という人のために略称と会社名を記載する本来のこのブログの主旨に基づいた内容でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -